硬貨と人形

富を確実に得たいならみんなで大家さんになろう

リスクの少ない土地活用

婦人

立地などの提案を受ける

不動産投資をするとき、すでに土地があってその部分に行う場合もあれば、新たに土地を購入してそこに物件を建てる場合もあります。土地がある場合は基本的にはそこに建物を建てますが、場合によっては土地を売却し、その代金で別の土地を買うこともあります。新規なら土地探しから始めます。サブリースで投資をするとき、すでに土地や建物を持っている状態でも行えます。しかし、収益の状況によってはあまり契約賃料が高くならないこともあります。サブリースの中には、土地選びから提案を受けるサービスもあります。専門の業者が利益が出やすい土地を吟味してくれるので、その分契約賃料が高くなる場合があります。収益率も上がり、効率の良い不動産投資が可能になります。

期間を定めた契約になる

マンションなどの不動産投資の場合、まず建物を建て、賃料収入を得ていきます。どれくらいの期間運営すればローンが返済でき、さらに収益がどれくらい生み出せるかなどがわかります。ローン期間はそれなりに長くなります。サブリース契約は、不動産会社などが提供する一括借り上げのサービスです。建物ごと借りてくれ、一定の賃料が得られます。ずっと最初の契約のまま賃料が得られれば、かなり収益も上げられるでしょう。サブリースの基本的な契約は、期間を定めています。ですから、ずっとその金額で契約できるわけではありません。業者の中には長期で契約をしてくれたり、更新に関する決まりを設定しているところもあるので、長期で利用できるところを選ぶとよいでしょう。