硬貨と人形

富を確実に得たいならみんなで大家さんになろう

助っ人がいるならできます

女性

手助けが得られるところ

観光地に近いところに住んでいて、家の中に使っていない部屋があったり、賃貸物件を持っているけれどなかなか入居者がつかまらないというときは、今話題のairbnbを行うことを検討してみるのもいいでしょう。民泊とも呼ばれ、日本を訪れる外国人観光客に滞在してもらう場所を提供することです。語学に自信があったり、海外の人たちと交流してみたいと考えているならまさにうってつけの方法で、しかも宿泊代金が得られるといううれしいおまけつきです。とはいえ宿泊業の経験はないし、実際に予約を聞いて受け入れるまでどうやっていいかわからないことも多いため、代行業者を利用するのがベターです。利用の目的はスムーズに予約客を迎え入れることところから、滞在して送り出すまで代行業者がすべてやってくれることです。これなら、airbnbやってみたいという興味さえあれば大丈夫です。

業者の数が増えていること

今や人気の民泊だけに、airbnbの代行を行う業者は右肩上がりに増えて行っており、どこにお願いするかの選択がむずかしくなってきているほどです。特に東京、大阪といった首都圏や大都市はairbnbに適した物件が多く見つかる分、代行業を行いますという業者の数も比例して多くなっています。それぞれに特徴を打ち出し、何度利用しても料金は月額一律でお得感を出しているところもあれば、成果報酬型と言って、利用者がある場合にのみ代行業を行い、宿泊代金の15〜20%を料金として支払ってもらうとする業者もあります。自宅の部屋を貸すのか、それともマンションなどを丸ごと貸すのかによって、選ぶべき業者が変わってくることに気を付ける必要がありそうです。